夜行バス利用時にあると便利なものを知りたい!

マスクをつけてのどを乾燥から守る

夜行バスに乗るのが初めてで、利用時にあると便利なものを知りたい方も多いはずです。バスの中はエアコンが効いているので、マスクを持っていくとのどを乾燥から守れます。タオルは休憩中に顔を洗ったときや、背もたれと腰の間に挟んでおくのが便利です。ひざかけは体温調節だけでなく、座席に敷いて座れば腰への負担も軽くなります。ガムや飴などは気分転換にも最適で、お菓子など小腹が空いたときにつまめる食べ物もおすすめです。移動中に食事をとるることを考えて、歯ブラシを準備しておくのも良いでしょう。車内はのどが渇きやすいので、飲み物も用意しておくと安心です。乗り物に酔いやすい方は、酔い止めの薬も忘れず飲んでおきましょう。

体への負担を軽くするグッズ

夜行バスは長時間同じ体制になるので、足もむくみやすくなります。着圧タイプのソックスを穿いておけば、乗車後のむくみも軽くなるはずです。寝るときにメイクを落としたい方は、スキンケアグッズを忘れず持っていきましょう。コンタクトをつけていく場合には、ケア用品や外したときのメガネも準備しておきます。アイマスクは光を遮れるので、熟睡したい方にはぴったりです。耳栓をつけておけば周囲の音も気になりません。枕代わりになるエアークッションは、寝つきが良くなり首や肩の疲れも軽減できます。100円ショップでも手に入るので、コストパフォーマンスは抜群です。車内で使う持ち物は、出し入れしやすいバッグへ入れておきましょう。